カテゴリー別アーカイブ: ダイエット

まずは、骨盤を矯正してみましょう!

 

街では美しいスタイルの女性が多く歩いていますが、その中には、一見痩せてスタイルもいいように見えるけど、お腹だけポッコリと出ていたり、両脚が外側に開いているO脚や反対のX脚、極端に大きいお尻、猫背など、スタイルに悩む女性は多いようです。

そんな女性たちは、美しいスタイルに変えたくて、何度もさまざまなダイエット法に取り組みますが、なかなか思うようなスタイルになれず、また、ダメだった・・・と、嘆く方は少なくありません。

理想のスタイルになれず、ダイエットに失敗してしまう原因はたくさん挙げられると思いますが、大きな原因の一つに、骨盤の歪みが影響している可能性があります。

体の真ん中で内臓を支えている骨盤が、悪い生活習慣や運動不足などで歪んで外側に開いてしまうと、内臓を支えられなくなり内臓下垂になります。

その結果、お腹がポッコリと出たり、お尻が極端に大きかったり、O脚、X脚、下半身太り、猫背など、スタイルに悪影響を及ぼし、また、新陳代謝も低下しているので、太りやすい体質になり、ダイエットもスムーズに行うことができません。

このような方は、まずは、骨盤矯正する必要があります。

最近は「骨盤ダイエット法」といわれ、スタイルが崩れ、痩せられない女性の歪んだ骨盤を、簡単なストレッチとある呼吸法で改善し、基礎代謝量を高め痩せやすい体質に変え、女性らしくモデルのような美しいスタイルに導くという内容の骨盤矯正法があるので、ぜひ、試して見て下さい。

その他、リンパマッサージによるダイエット法(大澤美樹)などもオススメです。

 

☆ 骨盤が歪んで開いてしまう原因は?

骨盤が歪んで開いてしまう原因は、さまざまありますが、代表的なものに、老化や運動不足による筋力低下、だらしないポーズ、出産などが挙げられます。

老化や運動不足の影響で骨盤を支える腹筋や背筋が衰えると、支えきれなくなり骨盤が開いてしまいます。

だらしないポーズとは、イスに座る時に、いつも足を組んだり、立っている時に足をクロスして片方の足に重心をかけたり、片足立ちをすることで、また、いつも片方の肩だけにバックをかけたり、効き腕だけ使うテニスや野球などのスポーツも骨盤の歪みに影響します。

そして、出産時は、骨盤が最大に開きますが、産後は1週間ちょっとで自然と閉じてきます。

しかし、その時に骨盤に悪いポーズをしていると、正常に戻らないまま固定してしまうので、特に注意が必要です。

このように、毎日の生活の中で、何気なく行っているポーズが骨盤の歪みを引き起こす、というケースが非常に多くあります。

骨盤ダイエット法の簡単なストレッチと呼吸法で、このような原因で歪んでしまった骨盤を矯正することができます。

 

 

 

 

筋肉を付けて内臓脂肪型肥満を改善!

 

10~20歳代の若い頃は、趣味でいろいろなスポーツをするなどして運動量が多かったため、健康的でスマートな体型を保っていられましたが、30歳を過ぎたくらいから徐々に運動量も減り、40歳代に入った頃には、全く運動する機会がなくなりお腹がポッコリと出て太ってしまったという方は、結構いらっしゃると思います。

このような肥満体型は、見た目の印象が悪いだけでなく、健康状態が悪化し病気にかかるリスクが高まってしまいます。

一口に肥満と言っても、「リンゴ型」と「洋ナシ型」の2つに分かれ、「リンゴ型」は、お腹まわりに脂肪が溜まりポッコリとして、「ビール腹」「ビヤ樽型」などとも呼ばれ、圧倒的に男性に多く見られます。

一方の「洋ナシ型」は、お尻や太もも、下腹部にたっぷりと脂肪が付いたもので、若い女性に多く見られます。

さらに、「リンゴ型」は、お腹の中の内臓に脂肪が付いてしまう「内臓脂肪型肥満」と、皮膚の下に脂肪が付く「皮下脂肪型肥満」の2つがあり、健康状態と密接な関係にあるのは「内臓脂肪型肥満」とされています。

また、皮下脂肪は、皮膚と内側の組織との間に付くものですが、そのスペースには限界があります。

しかし、内臓脂肪は、お腹の空洞に付くので、限りなく、いくらでも付いてしまうという危険性があります。

そして、40歳代になってポッコリと出たお腹が目立つようになった内臓脂肪型肥満の方は、健康診断を受診したときに、高血圧や脂肪肝などの数値や、メタボリックシンドロームと呼ばれる生活習慣病の予備軍として指摘されたりすることが多くなってきます。

もし、このまま肥満化が進み、メタボリックシンドロームを引き起こしてしまうと、動脈硬化、脳梗塞、心筋梗塞、糖尿病などの命にかかわる重病を発症してしまう恐れがあります。

そんな危険な状態にならないために、早めに肥満対策を行いましょう!

毎日の食事内容も大切ですが、まずは、運動を始めることが一番の対策です。

人の体は、運動をしなくなると、徐々に筋肉量が減少してしまい、それに加齢による老化が加わると、さらに加速して減少していきます。

こうした筋肉量の減少は、基礎代謝量の低下を招き、その結果、1日あたりの総消費エネルギーが減少していきます。

「若い頃と変わらない食事量なのに、40歳を過ぎてから太ってきた・・・」と、感じている方は、こうした筋肉量の減少から基礎代謝量が低下しているために起こる症状です。

毎日食べる食事量をしっかりと管理することも必要ですが、まずは、体を動かして基礎代謝量を高めるために筋肉を鍛えるという生活習慣を始めましょう。

それに加え、空き時間があるときに、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動を行えば、体脂肪が燃焼できて理想的なダイエット法になります。

さらに、少しでもダイエットに効果的といわれるものにもチャレンジしてみましょう。

例えば、高血圧や脂肪肝の改善、ダイエットによいとされているサプリメントなど、通販で気軽に購入できますのでオススメです。

その他、酵素ドリンクやトマト成分のリコピン、タマネギ成分なども、ダイエットに効果的とされているので、ぜひ、試してみて下さい。