筋肉を付けて内臓脂肪型肥満を改善!

 

10~20歳代の若い頃は、趣味でいろいろなスポーツをするなどして運動量が多かったため、健康的でスマートな体型を保っていられましたが、30歳を過ぎたくらいから徐々に運動量も減り、40歳代に入った頃には、全く運動する機会がなくなりお腹がポッコリと出て太ってしまったという方は、結構いらっしゃると思います。

このような肥満体型は、見た目の印象が悪いだけでなく、健康状態が悪化し病気にかかるリスクが高まってしまいます。

一口に肥満と言っても、「リンゴ型」と「洋ナシ型」の2つに分かれ、「リンゴ型」は、お腹まわりに脂肪が溜まりポッコリとして、「ビール腹」「ビヤ樽型」などとも呼ばれ、圧倒的に男性に多く見られます。

一方の「洋ナシ型」は、お尻や太もも、下腹部にたっぷりと脂肪が付いたもので、若い女性に多く見られます。

さらに、「リンゴ型」は、お腹の中の内臓に脂肪が付いてしまう「内臓脂肪型肥満」と、皮膚の下に脂肪が付く「皮下脂肪型肥満」の2つがあり、健康状態と密接な関係にあるのは「内臓脂肪型肥満」とされています。

また、皮下脂肪は、皮膚と内側の組織との間に付くものですが、そのスペースには限界があります。

しかし、内臓脂肪は、お腹の空洞に付くので、限りなく、いくらでも付いてしまうという危険性があります。

そして、40歳代になってポッコリと出たお腹が目立つようになった内臓脂肪型肥満の方は、健康診断を受診したときに、高血圧や脂肪肝などの数値や、メタボリックシンドロームと呼ばれる生活習慣病の予備軍として指摘されたりすることが多くなってきます。

もし、このまま肥満化が進み、メタボリックシンドロームを引き起こしてしまうと、動脈硬化、脳梗塞、心筋梗塞、糖尿病などの命にかかわる重病を発症してしまう恐れがあります。

そんな危険な状態にならないために、早めに肥満対策を行いましょう!

毎日の食事内容も大切ですが、まずは、運動を始めることが一番の対策です。

人の体は、運動をしなくなると、徐々に筋肉量が減少してしまい、それに加齢による老化が加わると、さらに加速して減少していきます。

こうした筋肉量の減少は、基礎代謝量の低下を招き、その結果、1日あたりの総消費エネルギーが減少していきます。

「若い頃と変わらない食事量なのに、40歳を過ぎてから太ってきた・・・」と、感じている方は、こうした筋肉量の減少から基礎代謝量が低下しているために起こる症状です。

毎日食べる食事量をしっかりと管理することも必要ですが、まずは、体を動かして基礎代謝量を高めるために筋肉を鍛えるという生活習慣を始めましょう。

それに加え、空き時間があるときに、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動を行えば、体脂肪が燃焼できて理想的なダイエット法になります。

さらに、少しでもダイエットに効果的といわれるものにもチャレンジしてみましょう。

例えば、高血圧や脂肪肝の改善、ダイエットによいとされているサプリメントなど、「肝パワーEプラス」通販で気軽に購入できますのでオススメです。

その他、酵素ドリンクやトマト成分のリコピン、タマネギ成分なども、ダイエットに効果的とされているので、ぜひ、試してみて下さい。

 

 

ウソやまやかしのダイエットに騙されないように!

現在、インターネットでダイエットについて検索してみると、何十万、何百万というサイトがヒットします。

また、街の書店を覗いてみれば、ダイエット関連の本が、本棚に数多く並べられています。

このように巷では、さまざまなダイエット法が溢れ返っており、さらに、次から次へと新しいダイエット法が紹介されています。

ですが、これらのダイエットを試してみて、本当に痩せられたという人は、ほんの僅かのようです。

中には、ウソやまやかしなど、間違ったダイエット法も多く存在しています。

それでも、実際、これだけ多くのダイエット法が氾濫していると、どれが効果的で、確実かと、見極めて選択するのは、そう簡単なことではありません。

もし、どれを選んでいいか、分からない時は、実際に体験した人のダイエットの成功例を聞いてみるのが良いでしょう。

インターネットの口コミなどは信じられない人も多いと思うので、可能ならば、自分の身のまわりの方の体験を直接聞いてみることをオススメめします。

それでも、まずは、自分自身でダイエットについて、しっかりと基本を勉強することが必要です。

ダイエット法と痩せる体のしくみを物理的、科学的に理解していれば、ウソやまやかしのダイエットに騙されることはなくなります。

また、どういうダイエット法が自分に合っているかが、分かってくると思います。

そもそも、「○○をするだけで、簡単に1週間で○kg痩せられる・・・」「○○を食べるだけで、あっという間に痩せられる・・・」などという甘いフレーズを謳った魔法のようなダイエット法は存在しません。

どうしても、痩せたいと願う人は、藁にもすがる思いでダイエットを始めようとするので、このような甘いフレーズに惹かれて騙されてしまうのです。

冷静になって考えてみれば、直ぐに分かることですが、それでも、痩せたいと願う人は、「できるだけ楽して痩せたい・・・」と、思ってしまいます。

とは言っても、別に激しい運動や長時間の運動が必要ということではありません。

○○を食べるだけとか、魔法のような痩せるサプリメントなどは存在しないということです。

そもそも、今まで、好きな物を好きなだけ食べて飲んで楽な生活を続けた結果、太ってしまった人が、そう簡単に痩せられるわけがありません。

痩せるためには、ある程度の努力が必要なわけです。

そして、もう一つ注意しなければならないことは、大幅な食事制限をするダイエットでは、健康的に痩せられないということです。

例え一時的に痩せられたとしても、直ぐにリバウンドが襲ってきますし、健康を害してしまったり、思いもよらない事態にもなりかねません。

本来は、余分な脂肪を減らして美しいスタイルになって健康的に痩せることが、ダイエットの目的だと思いますが、大幅な食事制限だけによるダイエットは、健康や美容を害して、体型も崩れることになります。

運動で、消費エネルギーを増やして痩せるダイエットが理想的ですが、どうしても運動ができなくて、食事制限に頼らなければという人は、1日あたり、150~200キロカロリー程度の小幅な減量に留めておきましょう。

3ヵ月で、2kgくらいの減量を目標にすれば、体に負担もかからないと思います。

とにかく、短期間で痩せようとせずに、長期計画で行いましょう。